夏の紫外線ダメージは髪にも及ぶ!

夏の暑さも弱まってきて、なんとなく秋のにおいがしてくるような…そんな時期になると毎年気になりだすのが、髪のダメージです。いつもと変わらないヘアケアなのに、ゴワつきがひどくなったり抜け毛や切れ毛が増えたり。インターネットなどで調べてみると、どうも夏の紫外線ダメージによるものだそうです。

紫外線ダメージというと、どうしてもお肌のことが真っ先に頭をよぎります。夏場は、顔はもちろん露出する手足やデコルテの日焼け対策に必死になります。お肌に直接日焼け止めを塗って、さらにアームカバーやスカーフで物理的に紫外線を防ぎます。しかし、よくよく思い返してみれば今年もやっぱり、髪に関する紫外線対策は何もしていませんでした。

あまり帽子を被る習慣がないので、髪や頭皮はモロに夏の厳しい日差しにさらされていました。しかも頭というと、自分の身体で最も太陽に近い部分です。考えてみれば、身体中のお肌は一枚の皮で成り立っています。顔や手足の紫外線ダメージは配慮して、同じ皮であるはずの頭皮は何もしないというのは浅はかだったように思います。シャンプーの時など秋の始まりとともに気になる抜け毛や切れ毛は、こうした真夏の強い日差しを浴びたダメージの結果だということです。

頭皮のダメージだけでなく、毛先のゴワつきなども紫外線ダメージが関係していることでしょう。紫外線や強い日差しに当てられて、髪の毛が乾燥してしまったように思います。毛先がパサパサで、切れ毛と相まってただれたように枝毛だらけ。こうなっては切ってしまうしかなく、また髪を伸ばし直さなければなりません。

来年こそは、いえ、夏の終りと秋の始まりでも髪の紫外線対策を始めようと思います。ちなみに、髪の紫外線対策としては、帽子を被ることはたいへん効果的。つばの広いものなら、長い髪も首や肩回りも広範囲にカバーできますね。また日焼け止め剤を使うならスプレータイプが使いやすいでしょう。髪にスプレーするだけで、最近は多くのメーカーが商品展開しています。ちょうど髪を伸ばしてみようかと思っているところなので、髪の紫外線対策に本腰を入れようと思います。